tipUncategorized

[User tips] 自動保存機能にMicrosoft OneNoteが追加

[User tips] 自動保存機能Microsoft OneNoteが追加

*Neo NotesにOneNote自動保存機能が加わりました。最新版のアプリにアップデートするとOneNoteの自動保存機能がご利用可能です。

 

書いた内容をデジタル上で保存、

デジタルテキストとして編集、

各種のクラウドサービス、

SNSメッセンジャーなどの様々なチャンネルに

保存/編集/共有ができることが、デジタルの強みですが、

 

Neo smartpenをご利用の皆様に、

今回は、自動保存機能にMicrosoft OneNoteが加わり、共有機能が一層強化された

Neo Notesの自動保存機能の使い方をご紹介します。

*まだ、最新版にアップデートされてない方は、是非ダウンロード後にお試しください。

 

1.自動保存設定の手順

メインメニュー→ [設定]  [認証センター] →Googleドライブ、Evernote、Adobe CC、Microsfotアカウント設定

①まず、自動保存設定を使うにはお使いになりたい、クラウドプラットフォームを次のステップで設定に反映します。

メインメニューを見ると[設定]があります。[設定]に入ると[認証センター]があります。

01_neonotes_%e8%a8%ad%e5%ae%9a02_neonotes_%e8%a8%ad%e5%ae%9a_%e8%aa%8d%e8%a8%bc%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc

②認証センターに入ると、Google Drive、Evernote、Adobe CC、Microsfotのアカウントにログインすることができます。

img_3719

アカウント設定が終わったら、どのクラウドプラットフォームを自動同期にするか選択します。

 

再び[設定]メニューから[自動保存設定]をタッチしてください。自動同期したいクラウドプラットフォームをタッチし、設定すれはOKです。

img_3720

* WiFi環境でのみ自動同期をしたい場合は上記[WiFi接続時のみ可能]にチェックを入れてください。

*自動保存オプションは一つのみ選択が可能です。

 

 

2.Microsoft OneNote
OneNoteで同期されるまでのステップをまとめました!

①Neo Notesを使って OneNoteに同期するページを作成します。

03_neonotes_onenote%e7%ad%86%e8%a8%98

②設定>認証センター>MicrosoftをONにします。

07_neonotes_%e8%aa%8d%e8%a8%bcios

③サインイン画面が表示されましたら、Microsoftアカウントを使ってサインインします。

05_neonotes_onenote%e8%aa%8d%e8%a8%bc

④ アクセス許可- 「はい」をタップします。

06_neonotes_onenote%e8%aa%8d%e8%a8%bc2

⑤ 設定>自動保存設定>Microsoft OneNoteをONにします。

img_3720

⑥ Microsoft OneNoteへの同期状況が表示されます。

img_3721_1

⑦ Microsoft OneNote(www.onenote.com)にサインインし、マイノートブック>NeoNotesを選択します。

08_neonotes_%e8%aa%8d%e8%a8%bcios

⑧ 筆記した該当のノートとページを選択すれば、筆記内容が同期されたことを確認することができます。

09_neonotes_%e8%aa%8d%e8%a8%bcios

 

 

 

3.その他の参考情報
自動保存されるファイル形式は

Evernoteはイメージファイル、

Google DriveはPDFファイル、

Adobe CCは、 SVG(ベクターファイル)で自動アップロードで自動アップロードされます。

smartpen_digitalpen_best_smartpen_en_8-1

Microsoft OneNoteはデータフォマットInkMLで自動アップロードされます。

*InkMLは、デジタルのペンや、スタイラスペンを使用して入力されたInkを表現するデータ形式を提供するためのマークアップ言語で、筆記体、ジェスチャー認識、署名認証などのInkを認識できるコンポーネント間のデジタルInkデータを交換できるフォマットを提供しています。

smartpen_digitalpen_best_smartpen_kr_en_3452

 

 

 

以上となりますが、今回はOneNoteを中心に自動保存機能のアップデートについてご紹介しました。

多様なクラウドプラットフォームを一つずつ追加し、デジタルのメリットをより強化しようとしています。今後のアップデートにご期待ください。